WORKS

LIST

ABOUT

CONTACT

楕円のつくり方

GraphicDesign,2020

布施琳太郎、吉田山キュレーションによる展覧会『楕円のつくり方』のグラフィックデザインを、竹久が担当しました。

『楕円のつくり方』

スクリプカリウ落合安奈
長島友里枝
NAZE
マーサ・ナカムラ
松田将英
やんツー
キュレーション:布施琳太郎、吉田山

正円はひとつの中心を起点に描くことができるが、楕円を描くためにはふたつの起点が必要だ。だからこそ楕円のフォルムには歪さと同時に、多様な個性がある。そこに着目した本展は「路上」と「家族」を起点に企画された。最初に出迎えるのは、90年代から活動し、家族と自分をテーマに写真を撮り続けてきた長島有里枝によるセルフポートレートだ。そして自作の機械に描画をさせる作品で知られるやんツーと、グラフィティアーティストNAZEによる共同制作をはじめとして、スクリプカリウ落合安奈によるふたつのファウンドフォト、マーサ・ナカムラによる詩、松田将英の作品が展示される。家族から離れて路上へ飛び出し、名前を変え、ひとり立ちしながらも家族を想う……そんな楕円としての展覧会。

会期:2020/10/11~11/08
会場:ANB Tokyo
住所:港区六本木5-2-4(六本木駅から徒歩3分)
開催時間:12:00〜20:00(入場は19:30まで)
休館日:月・火
入場料:一般 1000円、中・高・大学生 入場無料 ※受付にて学生証要提示
入場規制:10名/毎30分程度
入場方法:事前予約制
https://taa-fdn.org/events/486/